天の戸

≪全ての商品の表示価格は税抜きとなっております≫


ご注文前要必見!



ランド・オブ・ウォーター
美郷錦仕込・生
純米吟醸28BY
原料米 美郷錦
精米歩合 55%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アルコール 15%台








720入 1,600円  1.8入 3,200円 
本数   完売御礼
本数   完売御礼

創業100周年記念酒第一弾が7月14日入荷。1999年から地元で作付けが始まった美郷錦は、それ依頼、高精白酒の白雲悠々のみに使用されてきたが、今回初の55%磨きで夏酒第二弾として出荷。上槽後、−3度のサーマルタンクにて貯蔵。開直後、美郷錦らしい爽やかな米味が、しと〜っと滑り込んできた。8分後の二杯目からは柔らかな甘味が膨らんで厚みが増してきた。想像以上に旨味たっぷりで、いいね!もぉ半年寝かせたら、しこたま、いいね♪

通称:美郷ランド・生は特約店限定販売。

天の戸
純米大吟醸
金賞受賞酒28BY
原料米 酒こまち
精米歩合 35%
日本酒度 −2
酸度 1.4
アルコール 16.5%








720入 4,000円  1.8入 8,000円 あど1本

本数  
完売御礼

本数  
平成29年全国新酒鑑評会金賞受賞酒が6月23日入荷。JA秋田ふるさと平鹿町酒米研究会産の特別栽培米「秋田酒こまち」使用の純米大吟醸です。地元産米100%使用で、純米大吟醸での受賞、しかも、創業100周年という節目の年の受賞はお見事だし!高貴な香りが口中いっぱいに広がる。柔らかでふくよかタッチながら後口優しいスムースなキレ。これぞ、ザ・天の戸




天の戸
夏田冬蔵・こま美
純米吟醸27BY
原料米 麹:酒こまち/掛:美山錦
精米歩合 55%
日本酒度 +3
酸度 1.6
アルコール 16.0%








720入 1,600円  1.8入 3,200円  

本数   完売御礼

本数  
完売御礼

やっと秋上がりした27BYはとろ〜っと酒こまの甘味、後口すーっと美山の旨爽渋。(酒こま+美山)×自社酵母=柔爽渋美♪室温がいいね!

----------
夏田冬蔵シリーズ初の純米吟醸26BYが7月2日入荷。それも、一品種使用の夏田冬蔵シリーズさ初めて二つの酒米組み合わせ。酒こまち&美山錦=こま美♪

一口目、とってもふくよかで滑らかボディは印象度抜群。酒こまちのたっぷりミルク味を美山錦のクール味が絶妙に絡み合って後口締めている。キンキンに冷やしても十分な旨味が楽しめるし、グラスさ氷一片浮かべて呑んでもOK牧場!真夏にキンキンに冷やしてグビッと癒し酒は、、、いいね!

柔肌のぉ〜 モチモチタッチ こま美人


天の戸
夏田冬蔵・星あかり
純米大吟醸28BY
原料米 星あかり
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.5
アルコール 16%台








720入 1,811円  1.8入 3,621円 

本数  

本数  

28BYが8月4日入荷。とっても柔らかタッチでスーッとキレ。今期は軽やかな純大でーす♪

----------
寒上がりした27BYが12月22日入荷。自社酵母が放つ、甘〜くいい香りぃ。しなやかに優しく、しっとり甘味は癒しの旨味。

----------
H26年2月上槽
(25BY)は一年以上の熟成を経て4月7日入荷。しっとりと滑らかに米が良く溶けてます。サラ〜ッと口に入るが直ぐに優しい旨味が広がり密な美味さは、まさに熟の極み!


----------
四造り目が24BYが1月25日に入荷!若手四人衆も、今では蔵の中核を成すまでに成長したので、この24BYで若手四人衆のチャレンジタンクはファイナルだって!最後の若手夏田冬蔵を思う存分呑んで!

----------
天の戸新世代、30代の蔵人4人が仕込みを担当しました。研ぎは柿崎智哉、麹は鈴木圭、酒母は佐藤敦也、モロミは菅原康晴、手間暇惜しまず丁寧に仕込み槽で搾りあげ、原酒を瓶燗一度火入れで低温瓶貯蔵、およそ8ヶ月の熟成を経て12月4日に入荷。


常温できき酒したら、立ち香は控え目ですが口中にて含み香が膨らみます。ほんのり甘くいい香り。当たりは柔らかくお淑やかで、男四人衆の酒にしては美しすぎる(笑)。後口も、しな〜っと滑らかにキレていく。吟の精のエグミが甘味に熟成してる。実によく熟成してて色気づいた吟の精って感じぃ(爆)。香りの余韻もいいし、ちょっとお燗もいけそう。吟の精って、扱い難しいお米なんだども、3年目にして大化けしたすなぁ!

んだどもしよぉ〜、 欲を言えばキリねすども、、、男前過ぎるなぁ(笑)。一体、誰さ似ただべが(爆)。もっと、やんちゃしてもいいよんた気もするっす。呑めば呑むほど思うっす。男前過ぎる(大爆)。天の戸・若手4人衆3年目の大傑作を是非ご賞味ください!

全国お得意様酒販店20店限定販売酒




天の戸
夏田冬蔵・亀の尾
純米大吟醸28BY
原料米 亀の尾
精米歩合 45%
日本酒度 −2
酸度 1.6
アルコール 16.9%








720入 2,000円  1.8入 4,000円 

本数  

本数  

28BYが10月6日入荷。今年の亀の尾は、森谷杜氏さん曰く、、、キリッと男前!だって。きき酒してなるほどなるほど。重さクドさを全く感じさせない亀味が、心地いい酸味ど相まって、スーッとキレていくぅ。自社酵母の吟醸香も控え目ながら口中でキレイに香る。昨年とガラッと酒姿を変えてきた今期の亀味は、シティボーイって感じぃ♪

----------
27BYが11月11日入荷。蜜に熟っとネトっと甘味。後口に亀味がふふふと微笑んだ。ビューティフルな亀渋♪室温でいいね!今年は在庫ガッツリ確保♪

----------

二作り目の26BYは11月3日入荷。温い常温での開栓直後は・・・ムッチリムンムントロ〜リ亀♪開栓5日後・・・シュッとイケ面ナイス亀♪この変わりあんべ(笑)

----------
夏田冬蔵シリーズに亀の尾が新登場。とにかく香りにビックリ!出品酒並みの吟醸香が華やかに香り、口に含んでも口中いっぱいに香り広がりエレガント!あの苦渋が特徴の亀の尾、何処さ亀の尾を見出すの(笑)。温度温めで再度きき酒したば、冷えよりトロミが増し絹の如く滑らか。ほんの微かに亀の尾らしい旨渋をちょこっと感じだども意識して探さないと解らないほど。とにかく最初から最後までエレガントに香って蜜な美味さの美しい亀の尾です。

夏田冬蔵、夏は田んぼで米作り、冬は酒蔵で酒造り。イメージ的に麦藁帽子に白い手ぬぐい&ドロのついた長靴&土の香り。この亀の尾は、とにかくエレガントでドレスがお似合いのお嬢様。日傘を持った後姿さ、つい見とれてしまう。そんた後姿までもがエレガントでドロの付いた長靴なんて全然似合わない(笑)、色白でなで肩秋田美人の夏田冬蔵が11月11日入荷です。エレガントな秋田美人は始めほんのちょごっと冷やして呑んでみてね。

未体験ゾーンの亀の尾!


天の戸
夏田冬蔵・吟の精
純米大吟醸27BY
原料米 吟の精
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アルコール 16%台








720入 1,811円  1.8入 3,621円 

本数   完売御礼

本数  
完売御礼

27BYが11月25日入荷。

----------
26BYが10月2日入荷。温い常温でムッチリ甘味は冷やしてシャープな吟の精。温度帯によって二つの味が楽しめるど♪今年は酸を感じる。

----------
1993年「吟の精」は品種登録され、その年に当蔵では大吟醸を仕込み、一年目にして全国新酒鑑評会にて「金賞」を受賞し、翌年も吟の精で金賞を受賞。して、2009年に誕生した夏田冬蔵シリーズの第一弾は「吟の精」でした。

自社酵母が放つ香りがフルーティでとってもいい香りです。吟の精特有のビターなほろ苦がさを、このいい香りがオブラートで包み込む様に見事に調和され、爽やかにキレていく。しっかりと溶け込んだ米味が滋味深く広がります。美男子吟の精は始めちょと冷やして呑んでみてね。

森谷さん深い思いの吟の精!




天の戸
夏田冬蔵・酒こまち
純米大吟醸一回火入28BY
原料米 秋田酒こまち
精米歩合 40%
日本酒度 −2
酸度 1.6
アルコール 16.3%








720入 2,000円  1.8入 4,000円 
本数  
本数  

28BYが4月14日入荷し。爽やかな酸味が際立つ!酒こまの甘味ど相まって、トロチュぺーっ!チャーミングな美味しさ♪

----------
27BYが4月14日入荷。2月に上槽されたばしの一度火入れ。シルクタッチで軽やかにお米の甘美がチャーミングぅう♪フレッシュな純大を味わって欲しく、あえてこの時期に出荷だし。

----------
26BYが5月21日入荷。一夏越したお酒と違って、新鮮さ残るシルクタッチな美味&心地いい酸味が呑み欲そそる食中大吟だし。んめなぁ♪

----------
25BYが4月26日入荷。5年目はスレンダーな美女。優しくおしとやかな甘さが心地いい。食を選ばず呑み飽きしない食中酒。酒こまの優しい甘さが完璧に表現されてる。脱帽!

----------
24BYが4月25日に入荷。専務になったばしの柿崎智哉君が直接届けにきてくれた。四期目の「酒こま」は一回火入れの生詰原酒で出荷だし。森谷杜氏さん曰く、「米のとけない年」そう言われる今年の造り、秋田酒こまちにとってはそれが特別の意味を持っていると思います。「やわらかさ」「たおやかさ」がその特徴と思ってきたこの酒米の「本質」というか、いい意味での「素性」を感じます。いつもの「そこそこの優等生」とは違います。飲みごたえあります。美山錦かな、いや山田錦なのかといつもと違う味わいに、舌でこの米の「源流」探しの楽しみもあります。特別な年ならではの楽しみです・・・。


早速きき酒したば、生では無いのにムッチリふんわ〜りボディ!蜜で柔らか〜い旨味、んまぁあ〜い!ちょっとお燗へば更に最高!この先の味のびが、しこたま楽しみムッチリ美人・冬蔵酒こで〜す♪

夏田冬蔵
とは、『新米杜氏の酒造り日記』と題した森谷杜氏の奮闘を記録した著書で、この本が発売されて16年。今一度、原点に立ち返り酒を造りたい、そんな想いから立ち上げられた実験的提案酒です。

「夏は田んぼで米作り冬は蔵で酒を醸す。横手盆地の真ん中、蔵から5キロの酒米で心をこめて仕込みました」・・・ 天の戸で使用される酒米は全て蔵から半径5キロ以内で栽培された酒米を使用、全国でも天の戸だけらしい。 一升瓶300本、四合瓶800本の限定出荷は蔵元即完売!

全国お得意酒販店20店限定販売酒

天の戸
夏田冬蔵・生もと
純米大吟醸26BY
原料米 美山錦
精米歩合 40%
日本酒度 +1
酸度 2.1
アルコール 17%台








720入 2,000円  1.8入 4,000円 

本数   完売御礼

本数   完売御礼

寒上がりした26BYが12月13日入荷。4月10日現在、旨味倍増濃厚な甘さ!

----------
3造り目が12月14日入荷。今年も白麹を使用した、乳酸&クエン酸のハーモニーをご賞味くださいましぃ。

----------
2造り目のキモトが11月29日に入荷。とっても柔らかい甘味で円熟味の酸がグーッ!深い旨味がいいねぇえ、思わずにっこり旨さ♪温めの常温&お燗がおすすめっす。
----------
「山廃、生もとは仕込まない」と、言っていた森谷杜氏さん。あるきっかけにより生もとに初挑戦しました。詳細は10月14日の天の戸ブログをご覧くださいね。

生もと初挑戦、、、しかも純米大吟醸で!
してまだ、お燗が出来る純米大吟醸で!!
雪国秋田らしい、深みのある穏やかな生もとです。

12月4日現在、入荷した頃より益々旨味が広がってます。まだまだ、この先旨味は伸びるでしょう!12月になり、寒さ厳しい秋田だし。熱燗でもいける生もと、しこたま、んめぇえ!んだども・・・そろそろ在庫も薄くなってきたすでぇ、サイサイ^^;

全国お得意様酒販店20店限定販売酒




天の戸
天亀(てんかめ)
純米吟醸生原酒28BY
原料米 地元産亀の尾
精米歩合 55%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アルコール 16%台








720入 1,621円  1.8入 3,238円 

本数  
完売御礼

本数  
完売御礼

28BYが4月21日入荷。開直後、トロ〜リシルクタッチでトロ蜜な甘味!亀味を探すのに大難儀(笑)。したば、後口さ微かに亀ニガ味を発見したども、すんぐ消えじゃった。翌日は、もちょとスレンダーになる予感が・・・。

----------
27BYが4月22日入荷。上品な亀味!亀の尾のお酒が苦手なアナタ様でも呑めちゃうよ!エレガントな亀味♪

----------
26BYが4月25日入荷。亀のニガがトロトロに滑らかに生熟途中が味わえた。一夏越すとネットリしてくるどぉ。密な亀味の天亀生は槽搾りの無加圧雫取りだし。

----------
25BYが6月4日入荷。3月に上槽後、マイナス3度にて瓶貯蔵したっす。今期は蔵付酵母の「まがたま酵母」使用。酵母変更により、口当たりがとってもクリアでサラサラ〜っとキレイ!思わず、これが亀の尾?温度が上がるど含み香ど相まって甘い米味が、これまだ美しい。無圧の中汲みならではの美味さ。

----------
24BYが6月4日入荷。今年もしっとりねっとりネクター並の密な滑らかさ。熟っとジューシーな旨酸味は亀のネクターだし!天の戸さんの亀は蜜な美味さ!こんなにネットリ亀ちゃんさ脱帽だし♪

人気の天亀23BYが六月二日入荷。二月末に上槽したども、出来立てはまだ硬い酒質と言う事で熟成させてから出荷と話には聞いてましたが、ようやく入荷です。全量槽掛け搾りの天の戸さんですが、この天亀は酒袋を槽に多く重ねないで、しかも加圧しなi無圧で自然に流れ出た部分のみを瓶詰め、槽掛け雫取り無濾過生原酒だし。この方法だと酒質的に袋吊りと、ほとんど変わらないそうです。袋吊りは重労働ですので、この手法はなかなかグーだすなぁ。しだども、手間隙相当かがってるので出荷本数は一升瓶換算で240本のみ。

亀の尾の搾りたては、独特の野性味溢れる苦渋たっぷりのイメージですが、全く間逆の上品な亀の尾に驚き!滑らかに、しな〜っと穏やかに、しっとり濃密ながらさっぱりした甘さ(表現が難しい^^;)が、すーっと滑り落ちていく。ネクタージュース並みの滑らかさ。その後に、亀の尾ならではの酸味&苦渋がちょこっと顔を覗かせます。今年も、ドゥルッとネロッと んめぇ!およそ三ヶ月待ったかいがありましたねぇ。んだども、香りも味も完全には花開いておりませんよぉ。一夏越すとチョべりグーな天亀♪

天の戸
純米大吟醸45
28BY
原料米 吟の精
精米歩合 45%
日本酒度 +2
酸度 1.9
アルコール 16.3%








720入 1,429円 生完売、火入れのみ 1.8入 2,856円 生完売、火入れのみ

本数  
完売御礼

本数  
完売御礼

急遽、2月16日に搾りたて生(若干加水有り)が、今だけ僅少入荷。限られた酒販店のみだって!価格は火入れと同じなんでエッペに呑んでーっ♪

----------
28BYがらプリントボトルさ変更が2月8日入荷。ポワ〜ンと優しくフルーティ。口当たりとっても柔らか!しと〜〜〜っと溶けた甘味がキレイに流れてく。体内細胞の隅から隅まで浸透しちゃうほどの透明感タップリ!いやぁ〜新酒の吟の精が、こーもクリアでソフトタッチ仕上げとは!柔軟剤でも使ったみたーい(笑)




天の戸
天黒
黒麹仕込純米原酒28BY
原料米 星あかり
精米歩合 60%
日本酒度 -6
酸度 3前後
アルコール 16.5%








720入 1650円  1.8入 3,000円  

本数  
品切れ中

本数   完売御礼

28BYが7月27日入荷。まだちょごっと若いども、クエン酸たっぷりの甘酸っぱ〜いスペスペーッ♪

----------
2016年3月上槽27BYが2月16日入荷。深ぁく甘〜く酸っぱい香りが口中いっぱいに広がるぅう。黒糖風の甘味とクエン酸たっぷりのスペスペが相まって、爽快にスペスペー♪辛口白ワインって感じぃ。黒麹使用の未知との遭遇酒はワイングラスで楽しもう。又はオンザ・ロックで、クラッシュアイスもいいね!

以前は二年熟成させてから販売してた天黒。ネットリ甘じゅっぱく、ズシーンと濃くて、ちょと料理さ、特に和食さ合わせにくかったのですが、この度入荷分は約一年熟成だし。ので、クドサがなくなってサラッと爽快感があり、普段食する料理さ合わせ易くなったのでHPでの販売開始どなったのですぃたーっ。鯉の甘煮や豚の角煮、スペアリブに回鍋肉、ピッサァもいいね!濃い目の料理さ是非どうぞ♪

----------
鹿児島県「大海酒造」の大牟禮良行杜氏と「天の戸」森谷杜氏との交流から生まれた、焼酎用の黒麹を使用した純米酒が平成17年に誕生。初めての仕込の時の説明を思い出した。麹は普段使ってる麹室を使わず、蔵の一室を急遽、麹室に使った。出来上がったゴマ塩状の麹に驚き、口に含んだら、まさにレモン味で口中で弾けて驚いた。モロミにすると、黒麹の黒い色素が泡と一緒になり盛り上がって縞模様を作った。普通なら異常モロミで、毎日が不安な酒造りだったって言ってたなぁ。して、一番迷ったのが上槽のタイミング。参考にするものが無いので、この酸味とバランスを取るようにと幾分甘みを残すことに決めたって。搾った酒は当然の如く、今まで口にしたことのない味わいで、山廃とは、また違う酸味、同時に、かなり渋みもあって不安だらけだったって・・・

その後、蔵内で常温熟成を経て、冬に「天の戸・黒」として新発売となったのでした。数年後、天シリーズ・天黒に酒名変更。

------------------------------------------------------

★天黒・樽熟成

入荷本数超超極極僅少に付き、天の戸応援団のメルマガ会員限定販売どさへでくださいまし!ごめしてなーっ、どうかどうかぁぁぁ。ので、スルー有りッ酒。
720入 2500円 1本で!
本数 完売御礼

シェリー酒にも似た、シングルモルトの香りにも似た、まさに洋酒!天の戸酒を二十数年呑んでたボク、ベスト3に入る超チョベリグーな驚愕酒♪

天の戸
天辛+18  
純米生原酒28BY
原料米 麹:吟の精/掛:美山錦
精米歩合 60%
日本酒度 +18
酸度 1.7
アルコール 18.5%








720入 1,350円  1.8入 2,500円

本数  
完売御礼

本数   完売御礼

28BYが2月16日僅少入荷。一口目、、、とにかく濃〜い!辛いとゆーより濃〜〜い(笑)。二口目、、、ヒーヒー、、、キターッ(爆)。ズシッ!ビリッ!ヒリッ!三拍子的辛さ♪

----------
ロック&ハイボールも美味〜い!25BYが6月7日入荷!

通常市販の「醇辛」は+9ですが、こちらは+18の番外編。発売当初は「醇辛番外編+18」という酒名でしたが、蔵内で間際らしいという事で昨年から「てんから+18」に変更されました。「あまから」ではありませんよ(笑)。

一昨年の森谷杜氏の談話、、、「ここに≪醇辛の番外編≫+18がある。醇辛との区別をはっきりするために勝手にこの冬から[天辛]と愛称を付けた。「普通のより倍辛い+18です」なんて見学の方に言っても、「だから・・・」という表情だ。「そんなに辛くない。すーっと入っていく」数字を飲むんじゃないよね。自分にとって旨く感じるかどうかなんだよね・・・

この酒は低い温度(7度台)でずーと醸した。40日を優に超える。12月に県立大の岩野先生のお話を聞いて、「酵母はもろみの後半、もろみにないものを造ろうとする」ということを改めて感じた。もろみは自ら味をまとめようとしてるんだな、きっと。勝手に「切れない酒」と決めつけた親不孝の酒があとでとんでもなくうまくなったことは経験済み。うだうだ言わずこの酒は発酵はプロの「酵母」に任せた。数字で酒質を語ってはいけないと思う。あくまでも参考資料だ・・・」

きき酒してみると・・・しな〜っと辛っ!辛旨ぁ^^;秋田今野酵母が柔らかくいい香りです。口当り優しく喉越しも柔らかで、辛さの奥底から旨味も感じる。天の戸の仕込み水は軟水だ。この辺りに、この柔らかさの秘密があるのでは。脂っこい料理にはもちろん、魚料理や鍋料理にも相性抜群の「てんから」は、鰰の醤油漬けや三五八漬けにも最高だっけし!

寝がへれば、もっともっと、んめぇぐなるどぉ!
24BYが3月19日入荷。




天の戸
じゃごたろ
純米発泡にごり生29BY
原料米 酒こまち
精米歩合 80%
日本酒度  
酸度  
アルコール 15%台








720入 954円 クール必須 1.8入 1,905円 クール必須

本数  

本数  

29BY当蔵新酒第一弾が11月30日入荷したーっ!開直後、爆発しそー!んだども、噴出は、すんぐ止むッ酒。出来立てホヤホヤは軽快にサクサク呑めちゃうどーっ。今年は心地いい酸味が、益々はがいぐはがいぐ(笑)。すき焼さ最高!

----------
28BY当蔵新酒第一弾が12月3日入荷。シュワっとミルキー+爽酸味が軽快にサクサク〜!ラベルイメージより好青年な美味しさだどっ(笑)。

----------
27BY新酒第一弾が12月4日入荷。今年も昨年同様の旨さ!サクサク&シュワシュワ〜っ、ご飯を呑む(笑)。シュワシュワ発泡してるのでクール便必須ッ酒♪

----------
当蔵新酒第一弾が12月14日入荷。美稲八○のにごり酒はピチピチピチピチシュワシュワシュワシュワ口中にて弾けるよぉ。重さを感じさせずサクサクと呑めちゃう。んだども、ちゃんと米味たっぷりの「お米を呑む」って感じぃ♪

穴開き栓のため横倒し厳禁だし。開栓時もシュワーっと上昇しますので吹き零れさ気ちげでねぇ、どうかどうかぁ。この価格はお買得過ぎるどーっ♪


天の戸
美稲・すっぴんささにごり
特別純米無濾過生原酒28BY
原料米 麹:吟の精/掛:美山錦
精米歩合 55%
日本酒度 +4
酸度 1.7
アルコール 17%台








720入 1,429円  1.8入 2,667円 

本数   完売御礼

本数  
完売御礼

28BYが12月19日入荷。開直後、とろ〜っと米味濃密で口中で香るフルーティ♪旨味たっぷりの翌日は、更にシルクタッチでバタークリーム様の甘さがいいね!この先の生熟が熟熟だーっ♪

----------
27BY新酒が12月30日入荷。スマートでキレイな美味さは、この先、生熟しますよーっ♪

----------
26BYが12月23日入荷。とっても柔らかく熟っとしてきましたよぉ♪

----------
正月早々に上槽されだ25Bが入荷。AK−1酵母の柔らかい吟醸香が酒中さ溶け込み、グジュっとトロ〜リ、プチ・ジューシーで、んまぁあーい!後口も爽やか。この先、もっともっと生熟するよ♪


----------
平成8年に誕生した美稲。「うまいね」ではないぞ、「うましね」と読む(笑)。発売当時、無濾過の美稲は山吹色で酸度が高く酸っぱいお酒に話題騒然だった。17年目の生原酒は・・・


AK−1の程よい香り、口に含んだ瞬間、サラリと入るがキリリと辛い。こんなに辛い美稲は初めてだ。くどくなく軽やかに呑める純米酒を目指すと言ってた森谷杜氏さんを思いだす。なる程。したどもだし、二口目は口中にて転がすと、だだしに旨味&コク&ネバリがでてきたではないかーっ!やっぱし、例年通りに美稲でした。したども、今年の生はちょと辛めのワイルドだぜー美稲で〜す♪

以前の白ラベルとは正反対の黒ラベルに変更。ラベルからして、ワイルドだぜぇ〜(笑)





天の戸
Silky(シルキー)
絹にごり純米生28BY
原料米 星あかり
精米歩合 60%
日本酒度 −9
酸度 非公開
アルコール 15%台








720入 1,600円 クール必須 
本数   完売御礼

28BYが5月19日入荷。ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017金賞受賞。今年は発泡力有るどーっ!開栓注意でーす!ゲフッと来るほどのシュワシュワーっ!昨年より甘さ控え目で、より一層シャンパンに近づいたなぁ。ガス圧、旨味、酸味のバランスは過去最高の出来あんべ=本格シャンパンスタイル!脱帽でーす♪翌日、クエン酸がピシっと増して、益々んまぁーい!

----------
27BYが5月20日入荷。今期も日本酒アワード2016で最高金賞受賞は、昨年より旨味丸みを増して爽快シュワシュワ〜っ!超エレガントな大人のカルピスソーダでーす♪んまーい!

----------
26BYが5月19日入荷。シュワシュワ感たっぷりでスッキリ爽快は大人のレスカ!「ワイングラスで美味しい日本酒アワード2015」で最高金賞受賞!

----------
蒸し蒸し梅雨を吹っ飛ばせ!25BYが6月7日入荷。シューッと心地いい発泡音に白麹のクエン酸が爽快に弾ける。今年は甘さ若干抑えて発泡力を増した、まさに天の戸レスカ♪白麹の魅力が弾けて最高!この夏一押し!

----------
三造り目の24BYは、ラベルが一新されで6月1日入荷。上槽後、瓶詰めをしてから氷温貯蔵にて二次発酵させた白麹仕込みの微発泡にごり生は、まさに絹の如く滑らかで、きめ細かい微発砲が口中で美しくシュワシュワ〜って弾けるぅ。

栓をカチッとした瞬間、プ酒ーッとお酒が急上昇するので直ぐに栓を閉めなおしてたんせ。して、落ぢぢだら再度栓をカチッと。瓶底さ沈んでるミルキーな滓の踊りも面白いっす。クエン酸たっぷりの甘酸っぱい酸味と滓のマッチングが、とにかく美しい!気品溢れる最高級な和風スィートシャンパンだぁ!下手なスパークリングワインを呑む必要全くな〜い(笑)。和洋中、どんな料理にもピッタシのシルキーは、これからの暑い季節にキンキンに冷やしてお試しくださいね♪

昨年より白麹の爽快さ&ガス圧が増し、高級感溢れる超高級な大人のカルピスソーダ(笑)  
 

んめぇええ


天の戸
シュワ・トロ
純米にごり生29BY
原料米 麹:吟の精/掛:美山錦
精米歩合 55%
日本酒度  
酸度  
アルコール 14%台








720入 1,450円 クール必須   
本数  

29BYが12月8日入荷。開直後、シュワーっと爆発するので、すんぐ締めなおす。1分後、二度目はすんなり開栓。今年は、若い若い味っこで、サラさくぅ〜って感じぃ。この先の味のりを待とうね♪

----------
28BYが12月10日入荷。今年は益々爽快にシュワッとサクサク〜っと!シュワトロってゆーよりシュワサク(笑)

----------
27BYが12月12日入荷。今年も昨年同様仕上げで爽やか〜にシュワっとサクッとエレガント♪

----------
26BYが12月16日入荷。ガス圧静かで開けやすく、とっても爽やかに優しくサクサク呑めちゃうよぉ♪イチゴのショートケーキ&バナナボート&すき焼&ドリア、どんた料理さもバッチグー!

----------
天の戸さん、今期第一号の新酒が12月20日に入荷。森谷杜氏直々の配達だった。ちょとダイエット効果が見られた杜氏だった(笑)。特別純米酒・美稲をベースとしたプチプチと弾ける微発砲のにごり酒です。シュワッとした口当たりにトロトロした喉越しから「シュワトロ」となったんですよ♪

シュワトを数日置いてるとお酒が二層に分がれるっす。先ずは上澄みをグラスさ注いでシャンパン風味を楽しみ、今度はよく撹拌してドロドロのヨーグルト状態を楽しむ。一つで二度お楽しみだよぉ!超微発砲でミルキーなにごり酒は、んめぇどぉお!度数も14%と体にも優しいにごり酒は毎年大好評♪

爆発系のにごり酒ではありませんが、要冷蔵にて開栓時はゆっくり開げでたんへぇ。年末年始やパーティーシーンを盛り上げる事間違いなーし♪





天の戸
ひやおろし
純米吟醸28BY
原料米 美山錦
精米歩合 50%
日本酒度 ±0
酸度 1.6
アルコール 16.3%








720入 1,429円  1.8入 2,858円 

本数   完売御礼

本数  
完売御礼

28BYは9月2日入荷。美山錦×AK−1=天の戸鉄板組み合わせのひやおろし。強くて固い美山の旨味が、しっとりやわらかく熟成。Ak−1特有の甘い香りも一緒に溶けて、とろ〜り甘ぁい旨酒だし。昨年よりボディ感たっぷりでウマウマでーす♪

----------
27BYが8月30日入荷。開直後は丸っこい旨味がギューッと秋上がり!10分後、シュッとスレンダーなイケ面さ変身!今年はスーッとプチスィートなイケ面ひやおろし、お燗もいいね!

----------
26BYが9月2日入荷。森谷杜氏さん曰く・・・1999年に発売して以来「秋田流花酵母と美山錦」の天の戸の鉄板・純米吟醸です、、、だって!

当蔵ど真ん中のひやおろしは、燦燦と降り注ぐお陽さんをたっぷり浴びて育まれた米味がぎゅーっと詰まった、トロ〜り密な旨味。ノックアウト的んまぁあ〜い♪

魅力的な美山の美味さ!

天の戸
亀の尾ひやおろし
純米吟醸28BY
原料米 亀の尾
精米歩合 55%
日本酒度 +2
酸度 1.6
アルコール 16.5%








720入 1,621円  1.8入 3,238円 

本数   完売御礼

本数  
完売御礼

28BYが9月8日入荷。今年からAK−1酵母さ変更。開直後、フルーティな吟醸香がトロンと蜜に亀味さ溶け込んでるねがっ!超ナイスバディな亀味!翌日の味変、一体どぉなるんだろう(笑)。

----------
27BYが9月9日入荷。今年も柔らか〜く濃〜〜くんまぁあ〜い!まがたま酵母の含み香が亀の尾の苦渋を色っぽくしちゃうのさっ♪色気、苦味、丸味、いろんた美味さが混載してる亀味、、、いいね♪

----------
26BYが9月2日入荷。天の戸蔵付まがたま酵母使用は、驚きの亀味に仕上がってるどーっ!口当たりがふわ〜っと柔らかく、フルーティな含み香が、亀の尾特有の苦渋を色っぽい亀渋に変身させちゃったよー。重さも感じない柔和な亀味。

チャーミングな亀の尾!





天の戸
まる燗きもと
純米酒27BY
原料米 美山錦
精米歩合 60%
日本酒度 +1
酸度 1.5
アルコール 16%台








720入 1,450円 1.8入 2,700円
本数   完売御礼
本数   完売御礼

新発売の御燗酒専用純米酒が8月26日入荷。蔵元さん曰く、外の暑さ、室内の冷房で痛めつけられた体には燗酒が沁みていきます。「お燗にしておいしいお酒とは?」の古くて新しい命題に真っ向から立ち向かい、ここに満を持しての真夏に新発売、だって!

蔵付まがたま酵母使用の生モト仕込みの純米酒を蔵内でたっぷり熟成。人肌燗、ぬる燗、上燗、熱燗とお好みの温度で楽しんでみてね。もぢろーん、常温もいいね!ボクは上燗がいいなぁ。蜂蜜様の香り&軽快なトロ甘タッチがチョベリグー!生モト特有の乳酸味が口中を爽やかに洗い流して、ついつい盃が進むどっ(笑)。後口の爽快さは生モトならでは。天高くぅボク肥ゆる秋(笑)さ相応しい食中酒でーす!
して、 冷蔵保存でねくて常温保存でも・・・OK牧場♪

天の戸
純米大吟醸35
28BY  
原料米 酒こまち
精米歩合 35%
日本酒度 −3
酸度 1.5
アルコール 16.5%








720入 3,334円 
本数   完売御礼

28BYが5月21日入荷したよーっ!画像は昨年のもので、今年は受賞シール無しっす。今年もゴージャスな濃厚濃密トロ甘美酒で、んめーっ♪

----------
2016.5月に開催されたワインコンペティション「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2016」の「SAKE部門・純米大吟醸の部」でゴールドメダルを受賞、その後の審査でゴールドメダルの最高位(第一位)である、トロフィー賞を受賞した純米大吟醸だし。ゴージャスな濃厚濃密トロ甘美酒♪





天の戸
精撰純米生原酒
28BY
原料米 秋田県産米
精米歩合 65%
日本酒度  
酸度  
アルコール 17%台








1.8入 1,763円 
本数   完売御礼

28BYが3月17日入荷。尚、生原酒は一回限りの入荷でーす!今期は新酒生なのに、優しく溶けた柔甘美〜♪

----------
新酒生原酒が2月23日入荷。普通の純米酒の生原酒は濃〜い!米味たっぷ〜〜り!肴は炙ったぁ〜♪烏賊でいぃい〜〜♪畳さ胡座かいで大ぶりのぐい呑みで呑むべし♪

したどもだっ、開栓翌日より上品な含み香が現れ出し、クラシックがらモダンさ変身(笑)。お燗も、、、いいね!

秋田限定販売


天の戸
美稲クラシック
特別純米無濾過生原酒28BY
原料米 吟の精
精米歩合 55%
日本酒度 +2
酸度 1.7
アルコール 17%台








720入 1,429円  1.8入 2,667円 

本数   完売御礼

本数   完売御礼

28BYが2月24日入荷。美稲誕生20周年、「今」の美稲を呑んでーっ♪

----------
3年ぶりの復活酒が2月23日入荷。吟の精仕込みでAK-1使用の生原酒は、軽やかなキレイさにドデしたっす!新酒生の吟の精がソフトタッチでトロトロフルーティ♪ラベルはクラシック、味はモダン。

夏田冬蔵特約店のみの限定販売酒でーす。





天の戸
白雲悠々(はくうんゆうゆう)
純米大吟醸原酒
原料米 美郷錦
精米歩合 38%
日本酒度 +2
酸度 1.4
アルコール 16.5%








720入 3,000円 1.8入 6,500円 取り寄せ酒
本数   完売御礼
本数   完売御礼

平成五年、米不足のために酒造組合から配分されるはずの酒米が入手困難となり、希望通 りの酒造りができなかった天の戸さん。これをきっかけに、酒米研究会の米を全量買い入れることとなる。地元で作った酒米がすぐ近くにありながら自由に使えない、という悩みを克服。同時に、地場産の良質の酒米で酒造りをしたい気持ちが形となり始める。蔵のモットーである「酒は田んぼから、稲からすでに酒造り」はここから始まったそうです。そして平成八年、美稲が誕生する。米本来の旨味を損なわないよう、ろ過など一切しない山吹色でゴツゴツとした生原酒が日本中話題となった天の戸さんです。

『和醸良酒』、、、蔵人が仲のいい蔵の酒は美味い。天の戸さんを訪れると、まさに和醸良酒です。蔵の前にコンコンと湧き出る湧水で、酒米研究会のお米を地元蔵人が醸しあげた当蔵最高峰は、水を感じ米味が感じられる旨口大吟醸です。あまり冷やし過ぎず常温で、直ぐに飲み込まず口中にて、ゆったりと味わってみてください。そこには天の戸ワールドが広がります。

四合瓶は在庫してますが、一升瓶は取り寄せとなります。数日猶予願います。


天の戸
ランド・オブ・ウォーター
純米吟醸生28BY
原料米 美山錦
精米歩合 55%
日本酒度 +2
酸度 1.5
アルコール 15%








720入 1,429円  1.8入 2,858円
本数   完売御礼
本数   完売御礼

28BYが6月2日入荷。清流の如く、キレイにしっと〜りお米の甘味が滑り込んでくる。後口もキレイにスィ〜ッと流れる。柔らか天然水って感じぃ♪10号酵母の控え目ながらの吟醸香が実にいいね!翌日は旨味のトロミが倍増で今年は旨口夏酒でーす!通称:夏のランド♪

----------
夏酒が6月2日入荷。暑〜い夏にスッキリ呑める「夏のランド」は、蔵の敷地内にコンコンと湧き出る湧水「琵琶沼寒泉」をイメージしたお酒です。10号酵母と美山錦の組み合わせは米味しっかり、しな〜〜っと水とお米の甘さの融合。して、透明感タップリは、正にを感じさせてくれる薄くない夏酒だし。温度が上がると溶けた美山の甘味が更に伝わる。癒しの美味さ。




天の戸
生もと純米生原酒
28BY
原料米 美山錦
精米歩合 60%
日本酒度 +2
酸度 2.1
アルコール 17%台








720入 1,400円  1.8入 2,500円 

本数  
完売御礼

本数   完売御礼

28BYが3月28日入荷。夏田冬蔵取次店限定販売酒。開直後のトロミ!白麹特有のレモン様なスペスペが爽快!翌日の味変が楽しみだぁあ♪

----------
27BYが4月8日入荷。秋田県内限定販売でーす!開直後、白麹仕込みの爽快な酸味がすぺっ(笑)。後口美山の渋。それが翌日以降、日に日に旨味が増増!生燗もいいね♪

----------

26BYが4月4日入荷。今年も天の戸まがたま酵母(蔵付き酵母)で仕込みましたが、滓は絡めず出荷。昨年もだったども、開栓直後は、、、?これがキモト純米の原酒?あまりの柔らかスムースタッチさ、、、微妙(笑)。ので、この段階で、サクサク呑まれちゃったらー、ましてキンキンに冷えた状態で呑まれちゃったらーっ、水の如くだよ。この酒っこの本来の美味しさが伝わらなーい!開栓数日後の大化けしたパンチ力が魅力だよっ!

----------

25BYは蔵付酵母で仕込みました。生もと純米を滓を絡めて生原酒で出荷どは超楽しみだぁ。早速きき酒だども、冷え冷えの開栓直後は、、、爽やかに蔵の匂いがする水(笑)。亀の尾同様、これまだ放置プレーが必要だ(笑)。翌日きき酒したば驚愕の変わり様!スルーっと硬くて線の細かった昨日どは真逆で、濃厚で太〜い旨味!コッテリ甘くて酸っぱくてキレあり!しこたま、んまぁぁ〜い!

小学校時代、野球の試合のたんびに食べた、レモンスライスさ、たっぷり蜂蜜かげだ、あのハチレモを思い出した。あの濃厚で強烈な美味しさが蘇ったっけ。その位インパクト十分な旨さだし!
森谷さん曰く、揚げたての鶏のから揚げが無性に食べたくなる、、、だって。僕もそー思った。骨付きのチューリップが無性に食べたくなってっけし♪

開栓した日は、ちょっと味見程度で。して、翌日の変貌ぶりさ驚きながら呑んでねぇ(笑)。 滓の絡みあんべも・・・いいね!


天の戸
亀の尾
純米吟醸生原酒25BY
原料米 亀の尾
精米歩合 55%
日本酒度 +1
酸度 1.6
アルコール 16.8%








720入 1,619円  1.8入 3,238円 

本数  
完売御礼

本数  
完売御礼
亀の尾独特の苦・渋を、森谷杜氏さん曰く、よく味わってみるとその「独特の苦・渋」が単においしいのではなく、その「独特の苦・渋」とそれが消えてゆく時に感ずる「さわやかさ」「すっきり感」を含めたものなんだと思うようになりました。「亀味」の奥深さは飲み手を別の世界に連れていってくれます・・・だって。

冷え冷え状態での開栓直後は全く素っ気無く、スルスルだ(笑)。こりゃ〜放置プレーだな、、、グラスさ注いで30分後にきき酒したば、ほのかに甘くソフトタッチでキレイだよ。翌日に再度きき酒したば、ソフトタッチな甘みの後から爽やかな酸ど一緒に、微かに苦・渋が旨味どなって現れだっけし。

してこの度は、蔵付分離酵母で初仕込です。通称「蔵付まがたま酵母」の特徴は杜氏さん曰く、入り口はやわらかな軽めのタッチですが途中から別の一面が出てきます。そして締めくくりは押し味のある酸です。この酸は初めてAK−1酵母に出会った時を思い出させてくれる、、、だって。呑んでみだば、その通りだっけなぁ。ダンディな大人の色気の亀味っす。


 


↑ ページの先頭へ ↑